《車買取》30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るなら♪

2017年05月08日

古いクルマは税金も割高

 古いクルマは自動車税と自動車重量税が多くなります。環境負荷が大きい自動車には課税を重くするという考えのようです。古いクルマとは、ガソリン車やLPG車で13年経過、ディーゼル車で11年経過した車が対象になります。

(1)自動車税
 平成29年度分の自動車税を例にとると、平成16年3月以前に登録したガソリン車やLPG車が、ディーゼル車だと平成18年3月以前に初めて登録した車が該当します。また、アップ率はおよそ15%です。

参考:「国土交通省 自動車税の重課」

 1.5リッター超〜2リッター以下の場合の自動車税は標準39,500円ですが、古い車だと、39,500円×1.15=45,400円(100円未満切り捨て)となり、5,900円の負担増になります。

(2)自動車重量税
 車両重量が1〜1.5トン、2年自家用でエコカー減免適用の場合の重量税は7,500円であるのに対し、13年経過している場合には34,200円になるようです。

参考:{国土交通省 自動車重量税」

 国産車は10年経っても壊れることが少ないですが、お気に入りや名車でない限り、買い替え時期に留意したほうが良いと感じました。
posted by car oyaji at 23:30| 車買取手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

車買取 査定士

 中古車を査定するのは「査定士」です。「査定士」というのは、「一般財団法人 日本自動車査定協会」の技能検定に合格した人に与えられる資格です。
 協会のサイトはこちら↓
日本自動車査定協会

 査定を受ける際のポイントは、以前の記事(「車買取 査定 注意点」)でもふれていますのでここではふれませんが、プロがみるので下手な小細工はせずに、大事に乗ってきた、というところを見せればよいのかな、とおもいました。

posted by car oyaji at 23:51| 車買取 査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

自動車税 売却時期

今日は3月9日。3月もあと20日あまり。この時期は売却時期に注意が必要です。

以前の記事でも触れましたが、自動車税は4月1日時点の所有者に課せられます。
ですので、3月中に売却したいならば、早めに手続きしたほうがいいです。
でないと、売った後なのに、売った車の納税通知書が届くことになります。

買取業者が決まったら、移転登録のタイミングとそれを考慮した査定額の交渉も忘れないようにしましょう。
posted by car oyaji at 23:23| 車買取手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする